脱毛サロンの脱毛は永久脱毛ではないけど、医療脱毛も似たようなものなので気にしなくて良い

永久脱毛というと、一般的なイメージとしては「二度と毛が生えてこなくなる」というように考えるかと思いますが、実は医療脱毛業界でいうところの永久脱毛の定義はこのイメージとかけ離れています。

永久脱毛の定義

永久脱毛は定義としては、「脱毛の終了から1カ月後の時点において、毛の再生率が20パーセント以下の場合」とされています。

要するに、脱毛した後1ヶ月後に20%未満の再生率だったら永久脱毛だというわけです。これは多くの方が思っている永久脱毛とはギャップがあります。

医療脱毛で永久脱毛しても永久に毛が生えてこなくなるわけではない

美容外科は「脱毛は医療行為です」「永久脱毛ができるのは医療脱毛だけ」と謳っていますが、医療機関でレーザー脱毛を受けたからといって、永久に毛が生えてこないというわけではないです。

10回以上通っているけど毛は元気に生えてくるという方も現実にいます。

よくエステサロンの脱毛は永久脱毛できないから医療脱毛じゃないと意味がない、と勘違いしている方もいますが、実際には医療脱毛だろうと脱毛サロンの光脱毛だろうと、完璧に生えてこなくかどうかは個人差があります。脱毛サロンで脱毛して全く生えてこなくなる方もいますので、一概に医療脱毛でないと意味がないということではないのです。

現在主流の脱毛方式

 現在、主流の脱毛方法は、レーザーや光脱毛ですが、レーザーや光脱毛においては、永久脱毛ではなく永久滅毛という考え方になります。「永久滅毛」とは、脱毛処理を行った後に、再生する毛の数が減少する状態であること、毛の数が減少した状態が長時間維持されるということです。故にこの定義によると、レーザーや光脱毛は、はじめから無能状態にすることが目的でないといえます。

現時点で永久脱毛ができるのは電気脱毛だけ

 現時点では、永久脱毛は電気脱毛だけであると、米国電気脱毛協会が見解を示しています。前述しましたように、永久脱毛も永久滅毛もムダ毛が0の状態で持続するとはいえないわけです。なので、料金が安くて時間のかからない光脱毛を選ぶ方も少なくありません。

しかし、医療脱毛の方が確実性が高いのは事実です。そして電気脱毛の方が、より確実性は高いといわれています。また、永久脱毛には、腋臭(ワキガ)のニオイを減少させるという副次的な効果もあります。

 ちなみに、レーザー脱毛や光脱毛は、黒い色に反応することにより毛を処理します。ゆえに、ごく薄い産毛は残ります。この産毛が、後に黒いしっかりとした毛に変化することもあります。

脱毛サロンの光脱毛の方がメリットが大きい

永久脱毛でもないですし、威力も弱いですが、多くの方にとって脱毛サロンの方が医療脱毛よりもメリットが大きい場合が多いです。 というのも、料金が比べものにならないくらいサロンの方が安いですし、脱毛時の痛みもサロンの方が限りなく無痛に近いです。

「サロンは怪しい、医療機関は安心」というのは過去の話です。いまは医療脱毛も利益を上げるために勧誘を行いますし、火傷させても軟膏を処方してるから良いというスタンスの美容外科も多いです。

一概に脱毛サロンが劣ってるわけではなく、十分脱毛効果も感じられる以上、最初からわざわざ高いお金をかけて医療脱毛するよりは、まずは安い脱毛サロンで全体的に毛を減らしていって、仕上げに医療脱毛を利用するという賢い使い方をされている方もいます。

特に最近は全身脱毛が脱毛サロンでは月額1万円くらいで脱毛できる時代ですので、最初はサロンで脱毛して効果がでない部分だけを医療脱毛で処理するというのが最も費用対効果の高い方法でしょう。