エステの光脱毛と医療レーザー脱毛、それぞれのメリットとデメリット

仕組みは一緒

エステの光脱毛と医療レーザー脱毛の仕組みは基本的には同じです。どちらも、皮膚に光を照射し、ムダ毛が生えるもととなる組織にダメージを与え、ムダ毛を処理する仕組みです。

脱毛効果は医療レーザー脱毛の方が高い

違いは、光の威力です。医療レーザー脱毛の方がエステの光脱毛よりも出力レベルが高い光を当てられます。威力が強いという事は、それだけ効果があるという事なので、基本的に脱毛効果だけをみたらサロンよりも美容外科の医療レーザー脱毛の方が効果があるということはいえます。

医療レーザー脱毛のデメリット

但し、光の威力が強い事には、メリットだけではなくデメリットもあります。光を照射するのは皮膚です。ですから、光の威力が強ければ、ムダ毛だけではなく皮膚にダメージを与える事になるのです。従って、医療レーザー脱毛の方がエステの光脱毛よりも火傷のリスクが高い方法になります。

医療レーザー脱毛は、その名が示すとおり、医療行為です。つまり、医師の資格を持った人しか行えない方法なのです。ですから、火傷リスクの高い方法であっても、医師が行いますから、火傷しても適切な治療が行われます。レーザー脱毛による軽傷の火傷はよくあることで、毛穴が赤くなって一時的に痒くなります。

ただ、そうなることが予め予測できているため、医療脱毛の場合には外用薬(軟膏)が処方される場合が多いです。

脱毛サロンで光脱毛の方が人気

脱毛効果は医療脱毛の方があるので、エステの光脱毛を行う意味がないと勘違いする方もいますが、実はそんな事はないのです。

脱毛サロンでは減毛を目的としていますが、脱毛回数を重ねていくうちに毛はどんどん薄くなって殆ど自己処理がいらないくらいまで脱毛することができます。個人差があるので、脱毛サロンでどのレベルまで減毛できるかは人それぞれですが、圧倒的にサロンの方がよい点もあります。

脱毛サロンで脱毛するメリット

まず、挙げられるメリットは料金です。全般的に医療レーザー脱毛よりもエステの光脱毛の方が圧倒的に格安の料金設定になっています。 ムダ毛の質や量には個人差があり、高い効果が得られる医療レーザー脱毛でなくても、大多数の人はサロンの光脱毛で十分な結果が得られたという人は多いのです。